司法書士試験  一発合格へ

令和2年度司法書士試験 合格しました。

テキストを早回しする為に、テキストの加工は必要か?【司法書士試験 テキスト】

f:id:shoshi-kun:20201202202205j:plain

 

こんばんは。

りーすけです。

 

いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日から、当ブログにコメントが投稿されれば、コメントに対する回答を、なるべく詳細に記事にします。

 

読者の方より、以下のコメントがありました。

(コメントありがとうございます!!)

 

こんにちは。
いつもためになるブログありがとうございます。
テキストを早回しされていたようですが、テキストをマーカー、下線で色分け等加工しているのでしょうか?
オートマは表等で整理されておらず、暗記には不向きともいわれますが、暗記のため、テキスト早回しのためにテキストを加工していることがあれば、教えて下さい

 

この疑問について、私の経験をお話しします。

 

まず、私のテキスト加工プロセスは、以下です。

といっても、あんまり加工してません。

 

STEP①:2018年10月~2020年3月 講義受講期

テキストに書かれていない、山本先生のコメントのみを赤字でテキストに記載。

※この時期に自分の独断で大切だ!!と思ったことは、一切マーキングしない。

(ただし、模擬試験で、ミスした箇所のみ、ボールペンでチェックしておく)

 

STEP②: 2020年4月~2020年5月 答練、模試受験開始時期

答練や模試で間違った箇所のみ、ボールペンorマーカーでチェック

 

STEP③:2020年6月~2020年9月 超直前期

この時期に初めて、自分が重要だと思ったところも、ボールペンorマーカーでチェック

もちろん、模試、答練で間違った場所もチェック

 

私の現物は、以下の通りです。

 

・オートマ会社法Ⅱで、見てみます。

f:id:shoshi-kun:20201202191307p:plain

 

 

↓ 書き込みが少ないページ

f:id:shoshi-kun:20201202191138p:plain

 

 

 

↓ 書き込みが多いページ

f:id:shoshi-kun:20201202191431p:plain

 

 

赤字:山本先生の講義でのコメントを転記

青字:STEP③の時期に、自分が重要だと思った場所をチェック

(なぜ青色かというと、私は、青色が好きだからです。自分が好きなようにするのが一番大事だと思ってました。)

 

 

見てわかるように、書き込みは最小限です。

これは意図的に、このようにしました。

本当に、自分が覚えていない箇所だけを目立たせたかったからです。 

 

そして、直前期になるまで、単に自分が大事だと思っただけでは、絶対にテキストに手を加えませんでした。

理由は、以下です。

・超直前期になるまで、大事なところを自分で、分別出来るほど、自分のレベルは高くない為。

・長期化する司法書士試験勉強では、1年前にマークしたところが、直前には、当たり前になっている事はしばしば。超直前期に、最悪力技で覚えるべきことを目立たせるようにする為。

 

 

実は、私も、きれいに、物差しを使ってマーキングしようと、試したことがあります。

↓ 努力しようとした形跡です。

f:id:shoshi-kun:20201202192127p:plain

 

恥ずかしながら、この2ページで挫折です。

まず、きれいにマーキングする(理由付けや根拠、趣旨の識別作業)には、時間がかかります。

そして、私は、この作業が、実用的な側面でも、無駄だと思い、即日あきらめました 笑

 

テキストを暗記するには、きれいにマーキングして、脳への印象力を高めるべきだ。という考えは一理あると思いますが、山本先生のテキストでは、ほとんど不要です。

 

私も何で山本先生のテキストは、図や表が少ないんだろう。。。困ったなあ。。と思ったことは何度もありますが、山本先生のテキストを信じて、図や表のない世界を旅していくと、とんでもない効果が表れます。

これは、直前期まで、山本先生を信じ抜いた人にしかわからない感覚です。

 

山本先生のテキストは、文章自体に、めちゃくちゃ色がついてます

それも、多彩な色です。

 

は??と思った方もいると思います。

 

これについて説明します。

 

山本先生のテキストは、「ウサギとカメ理論」に基づいて、テキストを作成しています。

どういうことかというと、「ウサギとカメ」の童話で、ウサギとカメが競争をして、どのようにして、カメが勝ったかは、一度物語を読んだら、自然と覚えると思います。

このような理論で、テキストの文章を練りに練っています。

単調に、表を見て、図をみて、ではなく、一つ一つの法律知識が、独特の色がついた物語のように、インプットされていきます。

その文章を多く記載することに注力しているので、沢山の「表や図」を入れるスペースをあえて入れていないのではないか、と推察しています。

 

山本先生のテキストは、単調に暗記する様に、作られておらず、物語をじっくり読むように読むと、自然に覚えられると、著書でも述べられております。

 

 

なので、私は、ほとんど、単純に暗記する、という作業はほとんどやっていません。

超直前期(2020年6月~)は、力技の暗記を少しやりましたが。。

私は山本先生の法律物語と心中して、2020年4月以降、模擬試験を10回以上、答練を6回解きました。

結果は、午前・午後の択一ともに、どんな予備校の模試でも、本試験でも、一度も26問未満になったことはありません。

↓ 模擬試験の記録です。

模擬試験の記録 -  司法書士試験  一発合格へ (hatenablog.com)

 

 

「LEC慣れしてるわー、他社だと、点数伸びないわ!」

 

という話がありますが、山本先生の法律物語は、予備校の垣根を超えても問題なく通用しました。

また、私は、初受験ですので、どの模試も初めて見る問題ばかりでした。

未出の知識は当然、山本先生の法律物語をたどって、考察するわけです。

それでも、自信をもって、正解できました。

 

 

少し、話がそれました。

 

「じゃあ、暗記はわかったけど、読みにくいから、テキスト回すとき時間がかかるんじゃない?」と思うかもしれません。

 

全く、そんな事はありませんでした。一度読んだ物語であれば、何回も読んでいくと、先が読めるので、自然と先読みしながら、読み進めることが出来ます。

どういうことかというと、例えば、童話「桃太郎」を読むとすれば、桃太郎が旅に出たとき、次に3匹の動物が出てくるだろうという事を先読みできますよね?

直前期には恐らく同じテキストを10周以上は読んでいるでしょうから、このような感じで、どんどん先読みしながらテキストを回せる感じです。

 

 

まとめると、

・超直前期になるまで、ほとんど書き込みはする必要なかった

・暗記は、オートマのような、法律趣旨が物語風に描かれたテキストなら、暗記はほとんど不要だった

・きれいに色づけしなくても、テキストの浮気を全くしていなければ、先読み出来るので、早く回せた

 

という、感じの経験談です。

 

これはあくまで、「1例」なので、ご注意願います。

 

 

もちろん、講師が色付けさせることを前提で作っているテキストであれば、そのようにした方がよいと思います。

それが、テキストの著者が思い描く完成形だと思いますので。

 

 

あと、もう1つコメントを頂きましたが、すみません、明日記事にします!コメントを頂いた順に記事にする予定です。

 

 

ブログ下部に、「コメントを書く」ボタンがあります。

この記事を書いて欲しいという要望や、この時の心境をのべよ!とか、勉強内容は?等々、ございましたら、コメントお願いします。

 

↓ このブログが参考になった方は、クリックお願いします!!

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村