司法書士試験  一発合格へ

令和2年度司法書士試験 合格しました。

勉強中、負の感情が芽生えた方へ

f:id:shoshi-kun:20210223142324j:plain

 

こんにちは。

りーすけです。

 

勉強を継続するには、間違いなくモチベーションの維持が重要です。

ですが、モチベーションを保つには、自分の感情とうまく付き合う必要があります。

今回、司法書士受験生が抱えがちな悩みに対して、プラスの感情を取り戻せる考え方を紹介します。

 

「自分の勉強法に自信が持てない。。。」

→ 勉強法に自信が持てないと落ち込むのは、その試験に対して、真剣である証拠です。落ち込む程真剣になるものに出会えた事自体が素晴らしいことです。自信を持って勉強しましょう。

 

「自分は、人より記憶力がなくて、才能がない。。。」

→ 大丈夫です。私もテキストを20回以上読まないと完全に覚えられませんし、2,3回読んで覚えられる人は、合格者5%の中でもかなり少数派です。ボロボロになっても諦めないマインドの方が素晴らしい才能だと思います。

 

「すぐさぼってしまう自分に嫌悪感。。。」

→ 自分自身が怠惰な人間だから、、と思わないでください。環境を整えれば、誰だって集中できます。自分のポテンシャルを責めると、思考が停止し、悪循環です。自分だけは自分の事を信じてあげてください。人は、環境で簡単に変わります。

 

「友人の人生が輝きすぎて、自分の勉強のモチベーションが上がらない。。。」

→ 自分的には、ここが一番しんどかったですね(自分は専業受験生、周囲は一流企業という。。)。というか、自分で勝手に苦しむんですよね。司法書士試験を目指す人っておそらく負けず嫌いな人が多いんじゃないでしょうか?周りと比べる必要がないのに比べてしまう。無駄な事だとわかってるのに。。

でも、大丈夫です。

合格すると、とんでもない自信が生まれますし、先生って呼ばれ始めるし、急激に人生が変わります。ここだけは信じてください。歯を食いしばって勉強する事で得られる事は多いです。まずは今年の7月の試験日まで、自分の将来を信じてみてください。

 

「記述式のミスが多くて、才能がないんじゃないかと思う。。。」

→ 誰でもミスはします。才能は関係ないです。ミスをなくすには、一つ方法があります。自分のミスの癖をノートに書いていくことです。例えば、共同根抵当権設定の「共同」を忘れがち!!注意!!的な感じで書いていく感じです。本試験日までに、自分が犯したミスをノートに積み立てていきます。そして、そのノートを1日5分だけでもいいので、繰り返し読むんです。この少しの作業だけで、ミスはなくなります。ミスが多いことは、才能がないわけではありません。適切に処置すれば、誰でもミスは失くせます。

 

 

もしその他、何か悩んでいることがありましたら、本記事のコメント欄に記載してみてください。全力でアドバイス・応援いたします。

 

 

 

↓ この記事が参考になった方はクリックお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村